親子

妊娠に気付いたら葉酸を摂ろう|リスクを軽減できる効果

女性には必要な栄養素

赤ちゃん

一つの栄養素に多くの効果

葉酸は妊娠を望む人、妊娠中の人、出産後の授乳中の人まで多くの女性に必要な栄養素だと言われています。葉酸は食べ物から摂取しますが、不足してしまうと血液の中の赤い色素の元である赤血球が正常に作られなくなってしまいます。そのため赤血球が減少してしまい貧血を起こしてしまいます。不妊治療をしようとしている人には本人も気づかないうちに貧血になっている人も少なくないと言われています。また、妊娠中の人には貧血予防の他にも赤ちゃんの先天的な奇形のリスクを軽減するためにも摂取を行った方が良いと母子手帳にも記載してあります。出産後も赤ちゃんの母乳の元はお母さんの血液のため、良い母乳を出すために葉酸を摂取した方が良いと言われています。

サプリを利用する

このように葉酸は多くの女性に必要不可欠な栄養素なのですが、野菜などに含まれている天然のものは熱や水に弱いため調理の際に失われやすく、1日の必要量を摂取しにくい栄養素だと言われています。特に妊娠中は妊娠前の約1.5倍もの葉酸が必要になると言われていますが、それだけの量を摂取するためには多くの食材を摂取しなければいけません。しかし、他の栄養素の過剰摂取に繋がってしまうことと、天然の葉酸は体内での吸収率が約50%という低さのため、葉酸差サプリでの摂取が推奨されています。手軽に必要な葉酸が摂取できることと、厚生労働省の指針としても合成されて吸収率が約85%に高められている葉酸サプリを利用することが推奨されています。